携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

華火

作詞: 柊夜

待ち合わせの時間まで あと10分もある 「遅れるかも」って 言っておきながら 待ち遠しくて超セーフ 顔を上げた 僕よりも早く 藍色の浴衣 アップの髪 頬を赤く染めた君がいた 二人だけの思い出と 二人だけの気持ち 今までのどんな時より 輝いてた僕等 まだ闇に染まりきらない空 少し見える星 でも見てる余裕なんてないんだ ただ君だけを 僕の瞳に映して

少し降ってきた雨に 諦めた顔の君 「花火中止かな」って 残念そうに首を傾げる そんな事ないよって 手を取って歩き出す 僕につられて 君の顔も笑顔になった 不意に上がった 打ち上げ花火 大きい音 二人だけの景色 一番大切な時間だよ 僕等にとっては一瞬でも 光のように短くても

少し近寄って 手を繋いで 離れないよって 心通じ合わせて どんな時も一緒にいる 二人で…

雨は止みかけてた そんな事関係なくて 僕の持ってた傘差して 寄り添い合って歩いた 「じゃあね」って手を振って 君の後姿見送った それが君と僕との 最初で最後の真夏の思い出

夏の終わり 向日葵と共に 君は風のように去ったけど 遠く離れても 大丈夫 繋いだ手が憶えてる 君だけを映してた瞳は 季節と共に色んな色を知った 今度いつ会えるかな 君に話せる事が少し 増えるといいな

誰より愛しい君へ…

※この歌詞"華火"の著作権は柊夜さんに属します。

作詞者 柊夜 さんのコメント

自分の実体験です。
季節外れですが…

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P