携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

名もない感情

作詞: tkc_0216

長い夢を見ていたような
不思議な目覚めの朝は
冷めた現実に染まって
輪郭を取り戻した

これほど不確かなもので
繋がっていたなんてね
そんなことも忘れるくらい
大好きだったんだ

わたしはまだ あなたがいた
昨日の世界に取り残されて
行き場のない想いは今
胸の奥に積もっていく

名もない感情が交差して
涙はまだ流れずに
目に映るモノクロはまた
輪郭をぼかしていった

せめてこの気持ちをちゃんと
伝えればよかった
くり下がる「いつか」へ逃げて
もう届くことはない

わたしはまだ あなたがいた
昨日の世界に閉じ込められて
行き場のない言葉たちが
虚ろな空に響いている

忘れるにはあまりに多すぎて
抱えるにはあまりに重すぎて

そして季節はまた巡っていく
胸に残る記憶なぞって
行き場のない心が今
居場所探して彷徨っている

※この歌詞"名もない感情"の著作権はtkc_0216さんに属します。

作詞者 tkc_0216 さんのコメント

昨日の世界に取り残されて。



感想等いただけましたら幸いです。

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

真生。

'11年4月26日 21:49

この歌詞を評価しました:素敵

>これほど不確かなもので
繋がっていたなんてね
そんなことも忘れるくらい
大好きだったんだ

この前半の二行を読んだ時、ありがちなフレーズかな…と思ったんですが、後半の2行を読んでビックリ。
はじめてみるパターン、かつ、とっても切なくて心に響く言葉で、凄いと思います。

そして、この歌詞を受けてのコメントがとっても良いなって思いました。

tkc_0216

'11年4月27日 13:42

>*maki*さん
コメントありがとうございます^^
「そんなことも忘れるくらい大好きだったんだ」というフレーズは正直そこまで意図的に書いたつもりはなかったので、そこを評価してもらえてびっくりしました笑

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P