携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

ディフュージョンスペース

作詞: 風越颯太郎

憂鬱なダンス追っ払って見つけた
この場所からの眺めは
酷く不自然で
空に光るオリオン座だけが
僕を見つめていた



結局僕は何をしたかったんだろな
右手に持ったナイフだけ残して
過去を思い出す
喧騒と葛藤の談話だけが反響した
閉鎖空間で誰一人動こうとせず佇んで



多少ヒステリックな音楽に乗せて
何も考えず僕はただ唄う
はにかんだ主催者は
上部だけの気持ちを顔に乗せて
潰れた猫のよう

誰か二重奏してくれないかな




やがて拡散しすぎた言葉達が
僕を追い詰め
逃げ場をじわりじわりと削る
勝手と自尊心の狭間で
時は流れていく



わからないわからない
どれが最善か
わかりたいわかりたい
どうすればいいか



少々自己中心的にのせた音楽は
理解されずに深海に落ちる
きっと誰でも
同じ考えに振り回されて
流れる人のよう

誰か後片付けしてくれないかな




本当に大事な「何か」のために
犠牲に出来る「何か」は
もう手の中に揃った



多少ヒステリックな音楽に乗せて
何も考えず僕はただ唄う
この大ホールの
閉鎖空間には動かない人達
憂鬱なダンスを終えるには
まだ早いけど


また今度ね


あぁ、
誰か見つけてくれないかな
閉じ込められた僕を

※この歌詞"ディフュージョンスペース"の著作権は風越颯太郎さんに属します。

作詞者 風越颯太郎 さんのコメント

「僕」は最初どこにいて
最終的にどうなったのでしょうか

意味不明な歌詞書いてすいません

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P