携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

所詮愛情所謂愛情

作詞: ミトコンドリア

暫くの音信不通で
今頃湧く所謂愛情
時というものの
重さが身にのしかかる

知らぬまま半分だけ
腐敗した関係を
蘇生するつもりも
葬るつもりも全く無くて

時に流された揚句、今
嗚呼ただ只虚しき
今では架空のaddress
見つめる、携帯に映る自分と
目が合って何故か途端に
ふたりぼっちが良かった
って思っているよ



なんでなんで如何して
前みたいに解らずに
幼くいられないの?
大人になったつもりは無いけれど
気付いてしまっている
浅はかな自分には
強すぎる刺激嗚呼嗚呼嗚呼
敏感になったつもりは無いけれど
感じてしまっている
遅いね今頃なんて…

※この歌詞"所詮愛情所謂愛情"の著作権はミトコンドリアさんに属します。

作詞者 ミトコンドリア さんのコメント

かーっウイスキー飲みたいね

この歌詞の評価
評価項目評価数
切ない 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

bbman

'12年4月22日 17:30

この歌詞を評価しました:切ない

詩を読ませて頂いて 切なく感じました。
「知らぬまま半分だけ
腐敗した関係を
蘇生するつもりも
葬るつもりも全く無くて」この連も切ないです。

「時に流された揚句、今
嗚呼ただ只虚しき
今では架空のaddress
見つめる、携帯に映る自分と
目が合って何故か途端に
ふたりぼっちが良かった
って思っているよ」携帯に写るご自身を見て 二人ぼっちが良かったと思われたのですね。

ミトコンドリア

'12年4月22日 18:00

評価ありがとうございます。
切ないと感じて頂けて、光栄です。

思ったことを書いたので、今になってちょっと変な感じが…照
なんていうか、自然消滅みたいな感じですかねー

そうですそうです!
ひとりだということを強調したかったのです。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。