携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

グルーミンと街の唄

作詞: さっきー

時折滔々と雨を湛えた葉の上に浮かべた
小さな白い船の事を思い出してしまうのです
どうしても付かず離れずを保てなかった二つの心は
空中で分解して散り散り今や行方知らずになってしまった

「バイバイ、グルーミン。出会えてよかった。」
机の上の書置きは気恥ずかしさからあんまり書けなくって
それでも君になら伝わるような気がしているよ
それでも君になら伝わるような気がしているよ

夕凪の街は最後まで僕を受け入れる気にならなかったよう
今だけはそれでも構わない気分だよ 降り出した雨に言う
今は誰かに優しくしたい気分 そういう気分なんだよ
こんな時に限って誰にも会わないんだけどさ まぁ雨だからなぁ


何時でも滔々と涙を湛えた貴方は泣いていた
小さな勇気は振り絞っても小さいままだと落ち込んでは
虹の根元にあるという小さな木の葉を僕らは探していた
それは手に取った瞬間に虹の根元から外れてしまうだけのものだ

「サンキュー、グルーミン。また会えるかな。」
会う気もないのに曇天の空に白い息と一緒に吐き出してみる
それでも君になら伝わるような気がしているよ
それでも君になら伝わるような気がしているよ

夕凪の街は最後まで僕を受け入れる気にならなかったよう
もう戻らない街を振り返ってみろよ 降り止んだ雨が言う
すでに靄に包まれたその街はまるでそこに無いかのよう
幻のような短くて長い時間を思い出してちょっと泣いたんだ


月の光は僕の行く手は照らすけれど
戻れる場所は教えてくれないんだ
「ねぇ、グルーミン。君ならどうするんだろうね。」
記憶の中の君があの時と同じ笑顔で言うんだ

※この歌詞"グルーミンと街の唄"の著作権はさっきーさんに属します。

作詞者 さっきー さんのコメント

歌詞コメントって基本的に書くことないんですよね。
読んでいただいてありがとうございます。

この歌詞の評価
評価項目評価数
構成いい 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

__

'13年11月15日 15:53

この歌詞を評価しました:構成いい

あなたは詩人だ。

さっきー

'13年11月18日 14:00

>>スロースターターさん
評価ありがとうございます!
詩人なんて大層な者には、なれませんよ、たぶんw
褒め言葉として受け取っておきます、ありがとうございます。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P