携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

京都・酔い町『居酒屋・今』

作詞: dagg2

男の背中に 冷たい氷雨
京都上七軒の 石畳みを濡らす
『居酒屋・今』の 暖簾をくぐると
あちらこちらに 知った顔
和服姿の 素敵なママが
今日も来てくれはったのネ と片目をつむる
独り寂しい こないな晩は熱燗ネ

四条河原の 寺町通り
相合傘の 持つ手が震え
『居酒屋・今』の 暖簾を濡らす
カウンターの上には 大皿のおばんざい
お客のひとりの 常連さん
こちらを見る眼が いつもと違う
二人楽しい こないな晩は熱燗ネ

門前町の参道に 豆腐料理を出すお店
鹿苑豆腐に嵯峨豆腐 南禅寺のお豆腐も
『居酒屋・今』の お豆腐は絹ごし
雪の金閣 池のほとりの東屋で雪見酒
池の緑と白い雪 黄金の金閣を輝かせ
さしつさされつ 掘り炬燵のさしむかえ
こないな晩は 旅館で○○ネ

※この歌詞"京都・酔い町『居酒屋・今』"の著作権はdagg2さんに属します。

作詞者 dagg2 さんのコメント

字余り、字足らずのところがあったり?
ごめんネ、ダーリン・

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
感動 1
かっこいい 2
合計 4
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (8件)

__

'14年6月22日 17:33

この歌詞を評価しました:かっこいい

daggさんへ

歌詞を開いたらdaggさんの詞があってびっくりしました。
さすがに洗練されてるな〜と思いました。
情緒と艶やかさが京都の町に映えますね。
曲調は演歌や歌謡曲といったとこでしょうか。
良い音楽プロデューサーがいれば名曲が誕生するかもしれませんね。

MONK(モンク)

'14年6月22日 23:52

この歌詞を評価しました:かっこいい

初めまして。MONKです。

最高にクールな作品です。
構成もよくて読みやすく、内容が詰まっています。
洗練された言葉の並びは本当に美しいです。
夜の京都の街はたまに行くのですが、その時の情景が浮かんでくるようです。

素敵な作品をありがとうございました。

dagg2

'14年6月23日 22:27

karelさんへ

たまには詞でもと思って描いてみました。
演歌でしょうやっぱり・・?
佐藤隆のマイクラッシックは、曲も詞も好きな1曲です。
聴いてみてヨ!
あの娘(こ)は(私のことヨ)こんな歌が好きだったんだ?市ヶ谷本店に勤務してるとき、姫と二人ボスに連れていかれた赤坂のエスカイヤクラブでの生歌にやられてしまったことを思い出したりしてネ・・

karelさん、いつもありがとう。

        dagg


dagg2

'14年6月23日 22:37

MONKさんへ

MONKさんこんばんわ、daggです。

最高に嬉しい、ほめ殺しの言葉を頂きまっしてありがとう。
ほとんど、詞のサイトには来ないのですが、何の心境の変化か?チョット書いたりしてみたりして・・
MONKさん、あなたのように本当(?)のことを言って下さる方(?)とならきっといい仲になれるかもネ(?)
あとで、お邪魔させてもらいます。

      クールな女・雅の妖精〜

かんじん

'14年6月25日 08:25

この歌詞を評価しました:感動

赤坂見附の『居酒屋・今』は
化け物たちの集いの場なんだけど

そちらの『居酒屋・今』は
いい男といい女の逢瀬の場なのね。

あはは、ありがと^^


>こないな晩は熱燗ネ
>こないな晩は 旅館で○○ネ
すっごくいいフレーズだなぁ〜

ああ あなたのいる京都に 行きたい^^

dagg2

'14年6月26日 22:04

素敵なおじ様・かんじんさんへ

かんじんさん、こんばんわ。

この詞は、かんじんさんのお友達の徳田勝行さんの「チョッと一杯のブランディー」を拝見して・・
そういえば数年前に描いてあり、かんじんさんに贈った詞かも知れないな・・?(忘れちゃったけど!)
それに、手直しして作り上げた、詞としては2作目になります。

私はもともと、文系の旅人からデスクに抜擢されされましたが、画系のP/J補的なことはヘルプではありますが、本格的なのは、京都支店に来てからかも知れません。
姫の方が画系のP/J補的には、合っていると思うのですが!

なにか、壁にぶつかった時は、話に乗ってもらいたいと思いますので、その時はアドバイスよろしくお願い致します。
かんじんさん、いつも気を使っていただき、ありがとうございます。

            雌豹・dagg。

杉菜まゆか

'16年9月29日 08:06

この歌詞を評価しました:共感

もう一度京都に行きたいと思っていたら、ちょうど京都の情緒のこもった歌詞にめぐりあえたことに感謝です。私も京都で、夕食を食べてみたいですね。私の歌詞も見てください。

dagg2

'16年9月29日 19:19

杉菜まゆか さま

この詞は3弾目の作になり?。

ある、凄〜お姉さんから詞はセンスがないと描けない・綴れないと言われた言葉を思い出します。あとはチャンスにタイミングだそうですが・・
でもね、お姉さんのご主人である方が曲を付けてくれたんですよ!
この居酒屋・今ではありませんが・・

京の居酒屋に来る男女のほほえましい部分を詞にしたつもりなのですが・・
覗いてくれてありがとうございました。

      〜ある時は女豹、ある時は道化師・浜田山のdagg

追・遅い時間にお邪魔します。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。